岐阜盛スポーツサークルとは…

岐阜盛スポーツサークルとは…



岐阜盛(ぎふもり)は岐阜市を中心に活動するスポーツサークルです。岐阜盛はスポーツ活動を通じて、 人々の健康と交流を応援していきます!

1.バドミントンサークル
2.硬式テニスサークル
3.バスケットサークル
4.フットサルサークル

管理人情報


名前:ひろ ( >>Facebookを見る
年齢:1984年生まれ
出身:岐阜生まれ・岐阜育ち

初めまして。管理人のひろと申します。サイト訪問ありがとうございます。当サークルは2015年11月立ち上げ、岐阜市内を中心に活動するスポーツサークルです。スポーツの他にも写真撮影や登山・トレッキング、ホームページ無料制作などの活動も行っています!


写真撮影サークル
岐阜(東海圏)の良いところをたくさん撮って、アピールして、岐阜を盛り上げていきましょう!

>>詳しく見る
登山・トレッキングサークル
初心者でも気軽に登れる(2時間~6時間程度)山を楽しみます。岐阜の魅力を味わいましょう!

>>詳しく見る
無料ホームページ制作所
ホームページ制作からサーバー利用まですべて無料で提供しています。サークル立ち上げの際はぜひ!

>>詳しく見る

サークル紹介

1.バドミントンサークル

岐阜市内で活動する「バドミントン」サークルです。岐阜盛バドミントンサークル(ぎふみんとん)は、”楽しくバドミントン” をモットーに活動しています!

現在、新規メンバー募集中です☆
初級・中級レベルで、岐阜で楽しくバドミントンをしたい方は、参加希望フォームよりご連絡ください。

2.硬式テニスサークル

岐阜市内で活動する「硬式テニス」サークルです。岐阜盛テニスサークル(ギニス)は、”楽しくテニス” をモットーに活動しています!

現在、新規メンバー募集中です☆
初心者から初級レベルで、岐阜で楽しく硬式テニスをしたい方は、参加希望フォームよりご連絡ください。

3.バスケットボールサークル

岐阜市内で活動する「バスケットボール」サークルです。岐阜盛バスケットボールサークル(ギスケット)は、”楽しくバスケット” をモットーに活動しています!

現在、新規メンバー募集中です☆
初心者から初級レベルで、岐阜で楽しくバスケットをしたい方は、参加希望フォームよりご連絡ください。

4.フットサルサークル

岐阜市内で活動する「フットサル」サークルです。岐阜盛フットサルサークル(ギサル)は、”楽しくフットサル” をモットーに活動しています!

現在、新規メンバー募集中です☆
初心者から初級レベルで、岐阜で楽しくフットサルをしたい方は、参加希望フォームよりご連絡ください。

主な活動場所

岐阜市民総合体育館

岐阜市九重町4丁目24

岐阜市西部体育館

岐阜市鏡島南2-8-40

岐阜市南部スポーツセンター

岐阜市南鶉5丁目86


参加希望フォーム

現在、新規メンバー募集中です☆
岐阜盛スポーツサークルで、楽しくスポーツをしたい方は、参加希望フォームよりご連絡ください。
参加方法
①参加希望フォームより申請を行う。
②承認メールに記載の「硬式LINEアカウント」より友達登録を行う。
③LINEを活用し、練習日程・場所の通知および参加可否の連絡を行う。
よくある質問を見る

Q:毎回参加しないといけないですか?
ご都合の良い日にちに参加してください。もちろん、途中参加や途中帰宅などもOKです。(部活ではありませんので、毎回参加を強制することはありません。自由参加とお考えください)
Q:出欠確認はどのように行いますか?
LINEを使用して、練習日程・場所の通知および参加可否のやり取りを行います。参加予定者で、当日、急に参加できなくなった場合は管理人までLINEにてご連絡ください。
Q:学生でも良いでしょうか?
18歳以上(高校生不可)でしたら問題ありませんので、ぜひ参加ください。
Q:持ち物は何でしょうか?
運動着、シューズ、飲み物、ラケット等です。ボールやシャトルは当方にて用意いたします。
Q:活動内容はどのような感じでしょうか?
参加者のレベルや皆様のご要望に応じて柔軟に対応していきたいと思います。
Q:内気な性格で仲良くできるかどうか不安です。
多くの方とコミュニケーションを取っていただけるよう配慮しておりますので、ご安心ください。
Q:どのようなレベルの方が集まりそうですか?
初心者から初級(部活経験無~部活3年程度)の方です。どのレベルの方でも楽しんでいただけるよう、活動内容は考慮しますのでご安心ください。
Q:他のサークルにも入っていますが参加しても良いでしょうか?
問題ございません。
Q:岐阜県外から参加してもよろしいでしょうか?
問題ございません。
Q:ぜんぜん運動していないのですが・・・
そういった方が多くいらっしゃる印象です。ケガをしないように初回参加までに適度な運動をして参加をお願いいたします。
Q:年齢的に厳しいかもしれません。。
体力的な懸念でしょうか?交流上の懸念でしょう? 年齢を問わずみなさま同じような不安をお持ちなのかなと思います。一度参加していただきまして、雰囲気やレベル間などをみてご判断いただければと思います。
Q:どのような方がメンバーでしょうか?
社会人の方はもちろん、学生から主婦まで、様々な方がメンバー登録されています。
Q:子供の参加は可能でしょうか?
申し訳ございませんが、お子様の参加はご遠慮いただいております。

 

1.問い合わせタイプ(必須)
参加希望問合せ

2.氏名 (必須)

3.ニックネーム (必須)

4.性別(必須)
男性女性

5.年齢(必須)

6.メールアドレス (必須)

7.サークル種類(必須) *選択肢に無いサークルは現在募集しておりません。
バドミントン硬式テニスバスケットフットサル写真撮影登山


*入力内容が不十分な場合等、ご返信できない場合がございますので予めご了承をお願いいたします
*Gmailでお送りします。ドメイン指定受信を設定している場合等、メールが届かない場合があります。

スポーツの魅力

スポーツとダイエット
 最近はSNSが普及、発展している世の中ですから体を動かさずにずっと画面を見つめている人が以前よりもはるかに増えてきています。現代人にとってストレッチとは身体と精神の健康のために必須のものと言えます。
 スポーツがダイエットに良いと言われることもありますが、それは何故なのでしょうか。それはスポーツを定期的に続けていると、筋肉量が増えたり、姿勢が良くなったりする影響で、基礎代謝がアップします。また、体の歪みも矯正されるため、痩せやすい体になるのです。
 またスポーツを続けると、体のさまざまな循環が良くなるため、便秘症の方はそちらも調子がよくなるようですが、便秘が治ることも、ダイエットに繋がっています。ヨガは、腹式呼吸をしながら体を動かす有酸素運動ですが、有酸素運動をすると、運動中は脂肪を燃焼し続けるので、体脂肪率の現象に効果を発揮します。
スポーツとケガ予防
もちろんスポーツの効力はダイエットだけにとどまりません。スポーツを続けることで、怪我をしにくい身体=柔軟な身体を手にいれることも可能です(ケガの予防につながる)。
 体が硬いという人は、ついついスポーツを敬遠してしまうのではないでしょうか。イメージからスポーツはできない!ツライ!と思ってしまうかもしれません。しかし、スポーツは体が硬いという方にこそおすすめなのです。スポーツを続けていると、徐々に体が柔らかくなっていき、少しずつ少しずつ、柔軟な身体=けがをしにくい身体に近づいていくでしょう。
 そうして体が柔らかくなり、バランスが取れるようになれば、転倒などのリスクも防げますし、もし転びそうになっても体勢を立て直すことが簡単になります。
スポーツと疲れ・凝りの改善
 スポーツは、普段の生活で動かさないところも動かすため、体の疲れや凝りをほぐすことができます。スポーツを継続すると、体を大きく動かしたり、ストレッチさせたりすることで、血液の循環がよくなるので、これも凝りの解消に一役かっています。
 また、スポーツには、例えば肩首の凝りに効果があるもの、目の疲れに効果のあるものといったように、さまざまな体の不調に効くものが沢山あるため、さまざまなスポーツをすることで、多くの体の不調の改善につながります。
 さらには、スポーツをする時の腹式呼吸には、精神的なリラックス効果がありますから、心の疲れまで取れてしまうのです。
スポーツと姿勢・体型の改善
 スポーツを続けていると猫背や反り腰、骨盤の歪みまで徐々に改善されていきます。これは、筋肉不足が解消されたり、正しい姿勢を体が覚えていくためで、そういった姿勢の悪さが改善されることで、スタイルが良く見えるようになります。
 このように、スポーツにはたくさんの美容効果・健康効果がありますが、これはどれも定期的に持続することが大事です。どなたでも簡単に取り組めるものですから、ぜひスポーツに挑戦してみてください。
スポーツ保険とは
当サークルではバドミントンやテニスをはじめ、様々なスポーツのサークルを運営していますので「スポーツ保険」についてもご紹介させていただきます(記載事項について保証するものではございません)。
スポーツ保険は、スポーツや文化活動中残念ながら怪我や病気に見舞われたときの補償してくれるものであり、その補償内容は、他の種類の保険だけでなく、多岐にわたっています。活動中に偶発的な事故でケガをしたときなどに適用される「傷害保険」、誤って自分が他の人に怪我をさせたり、他の人のものを損傷させた場合に適用される「賠償責任保険」などがその代表的なものです。また、登録期間も1日から長期まで必要に応じて選択することができるようになっています。ラッチも補償内容に応じて異なりますが、少ないのは年間数百円程度の保険もあります。
スポーツ保険の種類と金額
まず、スポーツ保険を「個人加入者向け」と「団体登録用」に大きく二分して考えてみましょう。基本的なフレームワークとして、ゴルフやテニスなどの個人活動する際に登録することが、電子、チームスポーツや団体からの文化活動への参加した場合、その団体自体に加入することが後者です。団体登録の場合は、一般的に4人以上のアマチュア団体やグループを対象とする場合が多い。
・個人加入向けの保険
個人的に参加することができるスポーツ保険は、自分がスポーツと補償の要求に応じてコースを選択可能な商品が多く、より融通があるとしてもいいだろう。補償も多様だが、死亡・後遺障害保険金を露出させ代わりに保険料を安く設定している保険もあります。期間についても年契約だけでなく、一日単位で申請することができるものもある。また、個人だけでなく、夫婦、家族など血縁関係のグループに参加することができるのも、個人加入型の特徴です。
・団体加入向けの保険
団体のためのスポーツ保険といえば、一般的に、公共財団法人スポーツ安全協会が提供する「スポーツ安全保険」を指します。再び、スポーツ安全保険を例に話を進めていきます。公式サイトによると、参加することができる団体は、スポーツを行う団体だけでなく、文化や芸術活動、ボランティア活動、余暇活動、地域活動などを行う団体と幅広い。
この保険は、まず団体所属会員の年齢と補償対象となる活動に応じて「登録区分」が設定されて、それに応じ保険に掛け金が決定されます。また、登録区分と活動の範囲に応じて傷害保険の保険金額賠償責任保険給与上限突然死葬儀保険限度額が設定されています。
様々な活動に対応できるスポーツ保険であるが、一般的に行われている球技と陸上、水泳などのスポーツ活動や文化活動などの年間ラッチは低く設定されていますが、例えば、登山やスカイダイビング、​​サッカーなどの危険なスポーツ活動は、年齢に関係なく、高いラッチが設定されているのは仕方がありません。事態に備えて、自分が属している組織がどのような補償を受けることができるかを確認する必要がありそうです。
スポーツ保険が補償するもの
スポーツ保険は、生命保険と同様に加入したコース病気やけがの程度に応じて支給される保険金額が違ってきます。また、前述した「スポーツ安全保険」を参照して主な内容について説明します。
・死亡保険金
活動中に起こることができる事故で最悪のケースが、残念ながら、人々が死んでしまう場合です。この場合には、2000〜2100万円(補償範囲による)が保険金として支給されます。しかし、一般的なスポーツ活動をする団体で、65歳以上の加入区分に属する者については600万円、年齢を問わず、リスクの高いスポーツ活動に参加区分に属する人は、500万円、保険金になります。
したがって、一般的なスポーツ活動をする団体であり、65歳以上の加入区分に属する人と年齢を問わず、リスクの高いスポーツ活動に参加区分に属する者については、以下の説明、各種保険で受ける保険金額が少ないのが特徴です。
・後遺障害保険金
後遺症が残る障害を被った場合、多くの治療費は、継続的にかかるため、その障害の程度に応じて最高3000〜3100万(補償範囲による)の保険金を受け取ることができます。また、一般的なスポーツ活動をする団体で、65歳以上の加入区分に属する者については900万円、年齢を問わず、リスクの高いスポーツ活動に参加区分に属する人は、750万円、保険金になります。
・入院保険金
入院は治療期間初日から補償される。保険金額は、医療費実費ではなく、一日に4000〜5000円(補償範囲による)の定額保険金が支払われます。また、一般的なスポーツ活動をする団体で、65歳以上の加入区分に属する人と年齢を問わず、リスクの高いスポーツ活動に参加区分に属する人は、1800円の保険金となります。
・通院保険金
通院入院だけでなく、治療期間初日から補償されます。保険金額は、医療費実費ではなく、一日に1500〜2000円(補償範囲による)の定額保険金が支払われます。また、一般的なスポーツ活動をする団体で、65歳以上の加入区分に属する人と年齢を問わず、リスクの高いスポーツ活動に参加区分に属する人は、1000円の保険金となります。
・賠償責任保険
対人・対物保険は、対人賠償1人1億〜1億5千万円(補償範囲による)1事故合算5億〜5億5千万円(補償範囲による)を限度に支給されます。
傷害保険と異なる点は、他の人に対して被保険者が支払う責任を負うし、他人との対話を通じて、その額が決定するという点だろう。したがって補償金額の数も傷害保険に比べて大きなものとなっています。
保険料が支払われないケース
このように、スポーツ保険に加入することにより、安心してスポーツや文化活動に参加することができます。しかし、保険に入っているし、過信は禁物です。保険が適用されるのは、「活動中であるかの活動の移動途中で偶発的な事故」というのが基本的な条件です。被保険者の故意によるものや、スポーツ活動とは関係のない場面で起こった怪我や損傷については、保険金が支払われていない事例に挙げられています。各保険の主要なされていない例を説明します。
・傷害保険での対象外の例
傷害保険で支払われていない成長痛や野球肩などの慢性的な損傷の場合を挙げることができます。あくまでも保険の対象となるのは、「偶発的であり、突発的な事故」であり、試合中の骨折などを具体的な例として考えると分かりやすい。また、スポーツ保険は、地震・火災保険とは異なっているので、地震によって損傷を受けた場合には、活動中にも補償の対象から除外されます。
・賠償責任保険での対象外の例
賠償責任保険では適用されない例としては、被保険者が法的責任を負っていない場合です。
活動中の避けられないいくつかの事故については責任を負わない場合もあり、その事例に基づいて責任かどうかは違うことになります。

活動実績(サークル別)

SNS


活動予定日

PAGE TOP